コレクションフィギュアの処分


フィギュアコレクション品やコレクションフィギュアは、やはりこれらも断捨離するには、まずは本当に所有しておく必要があるか、必要がないか考えます。処分するのが困るなら、買取店に売って他の人に譲ろうとい考えても良いでしょう。これには所有品を1つ1つリストアップし、考えないとなりません。

ただこのような愛着のわきやすいフィギュアやプラモであると、一人で考え処分するよりも、誰かと一緒に行なった方が良いです。一人だといつまで経っても決まらず、断捨離が進まないということもあります。もしもそれでも捨てられないと考えるなら、思い切って引越してしまうという方法もあります。

ただ処分するのは気が引けるというならば、フィギュア買取の専門店に売るのも良いでしょう。例えばフィギュアであれば、箱から出して組み立ててあっても、状態が良ければ買い取ってくれます。コレクションフィギュアであれば、ケースなどにいれて鑑賞することも多いので、埃など少なく状態が良い場合もあり、売れやすいです。沢山フィギュアがあれば、それらをまとめて一気に売ると、1つずつ売るよりも買取り額がアップし、高く売れるという効果も生まれます。近くにお店がなければ、ダンボール箱にまとめて入れて、送って買い取ってもらうこともできます。

ルール作り


不要品を処分して断捨離を行なうには、捨てるかどうか、それぞれの物について決めなければいけません。まずは、不要品と必要品にわけましょう。もしも捨てるかどうか決めかねたならば、保留品としましょう。そして不要品としてまとめたものを、素材や大きさごとにわけます。

断捨離次に不要品としてまとめた物は、大きな品から小さな品までまざっています。それらをサイズ別に分けて、粗大ゴミ、可燃ゴミ、燃えないゴミと区別します。しかし不要品の中には、ゴミとして出せないものもあります。家電製品や大型ゴミは、リサイクルにまわすこともできるので、特に家電はリサイクル業者に引き取ってもらいます。リサイクルできない物は、不要品回収業者に引き取ってもらいます。引っ越し業者や一括して不要品を回収する業者などもあるので、そのようなところを利用しても構いません。最後に保留品とした物を再度捨てるか捨てないか考えます。保留品は専用スペースに保管しても良いかもしれません。

しかし、断捨離を行なう中でも、特に難しいのがプラモデルやフィギュアなどのコレクション品です。愛着もありなかなか捨てられない場合も多いですが、処分して片付けるにはどうすればいいのでしょうか?

断捨離について


部屋最近はミニマリストという言葉が登場しているように、断捨離をしようという声も聞かれるようになりました。断捨離という難しい言葉を使っていますが、それは要は不要品やいらないものを処分し、家の中を片付けようということです。引っ越しなどを機会に行なう人もいますが、家の中を見渡すと生活雑貨に家電製品、家具、衣類、さらにはゲームソフトやフィギュア、本などと、生活必需品から趣味のものまで、色々な物で部屋が溢れていることも多いです。

整理したいと思っているけど、捨てられなくて困るという方もおり、それには処分するためのルールを作り、気持ちを切り替えないと、処分し断捨離をすることはとうていできません。思い切って不要品を処分すると、収納スペースに余裕ができ、環境もよくなり、掃除しやすくなり、通気も良くなるので、カビや埃も減ります。使わないのに保管してゴミとなることもありません。見た目も物が少なくなりすっきりして、気分としても気持ちがよいものでしょう。

生活するとなると収納スペースは限られるので、不要品は処分しないと家の中が物で溢れます。ただ処分するにもリサイクル料などとお金がかかるので、どれを処分するか考えなければいけません。売れる物は売るという考えもできますが、やはり基本は処分して捨てるということを考えます。実際に処分する場合はルールを設けて、それに従って行ないますが、どのようなルールを設ければいいのでしょうか?