ルール作り


不要品を処分して断捨離を行なうには、捨てるかどうか、それぞれの物について決めなければいけません。まずは、不要品と必要品にわけましょう。もしも捨てるかどうか決めかねたならば、保留品としましょう。そして不要品としてまとめたものを、素材や大きさごとにわけます。

断捨離次に不要品としてまとめた物は、大きな品から小さな品までまざっています。それらをサイズ別に分けて、粗大ゴミ、可燃ゴミ、燃えないゴミと区別します。しかし不要品の中には、ゴミとして出せないものもあります。家電製品や大型ゴミは、リサイクルにまわすこともできるので、特に家電はリサイクル業者に引き取ってもらいます。リサイクルできない物は、不要品回収業者に引き取ってもらいます。引っ越し業者や一括して不要品を回収する業者などもあるので、そのようなところを利用しても構いません。最後に保留品とした物を再度捨てるか捨てないか考えます。保留品は専用スペースに保管しても良いかもしれません。

しかし、断捨離を行なう中でも、特に難しいのがプラモデルやフィギュアなどのコレクション品です。愛着もありなかなか捨てられない場合も多いですが、処分して片付けるにはどうすればいいのでしょうか?